今日は木曜日です。

今日は木曜日です。今日は、前払式割賦販売の廃業伴う行政処理が最終的に終了しました。後は、株主との話し合いを残すだけになりました。

一つの問題は、未だ解約していない会員の問い合わせに対して廃業したので知らないとは答えられません。その対応が問われるところです。

基本的には、会社を順調に経営しながら、その中で問い合わせに答えて行くことになると思います。

そうでした。一乗葬儀に廉価版の価格はできているのですが、HP作成の技術上の事でアップできない状態になっています。大変申し訳ありません。今、ネット検索をしながら問題解決を図って、掲載しますのでもう少しお待ちください。

ちょっと、時間が空きました。

この2〜3日ブログを描いていませんでした。というのも、社員の御尊父が御隠れになり結構な、いそがしさが続いたからです。

もちろん、葬儀は当社が行なっている事業ですから当然自社葬儀です。こういうの葬儀は本当に疲れます。

もともと、当社の葬儀対象は、立正佼成会会員、メモリアル葬儀(前払式割賦販売)の廃業で葬儀にお困りになっている会員の方に対する葬儀を施行していますから利益は普通の会社と利益率が同じということはなく、むしろ低く抑えられるべき性質ものだと考えております。

ネットで低価格を売り物に集客するような葬儀社は、良心的なところもあると思いますが、良からぬ噂を聞くこともあります。

まあ、そんなことはどうでもいいことですが、やっぱりな葬儀社の決め方としてはサービスと価格、その上で住んでいる町に根付いている葬儀社か否かをみてお決めになるのが良いと思います。

立正佼成会会員の葬儀も当社のように直営のような葬儀社がありますけれど、利用数は当然の事ながら少ないです。

各教会によって出入りの葬儀社があり、サービス内容と価格、その上で住んでいる町に根付いている葬儀社という事で御満足いただいているという事です。

当社葬儀部門はセイフティネットの役割を果たせば良いのではないか?と思っています。

今週の水曜日までには価格をネット公開いたします。今回の写真は夜の和田2丁目です。

 

 

 

 

メモリアル葬儀の最終ゴールが見えた。

今日の1日を何とかクリアした感じです。葬儀事業はもうすぐ完成しますのでご期待ください。

昨年3月末に廃業した前払式割賦販売も最終的な仕事が法務省とのやりとりができました。来週にも終了する予定です。

実務的に終了しても、その後の後始末には意外に長い期間を必要とするようです。メモリアル葬儀は終了しても、行政とのやり取りは意外につづいているものです。

これも、ご利用いただいたみなさまにご迷惑をおかけしないという行政的配慮と自社のポリシーだと思います。

長い間メモリアル葬儀をご利用いただいた皆様

”誠にありがとうございました”今後とも佼成ライフプランをご愛顧いただければ幸いです。

掲載の写真は、すべて杉並区で撮影したものです。

 

一乗葬儀の廉価版について

いよいよ、葬儀部門のHPを製作し始めました。この葬儀については、廉価版を提供することを目的にしています。

昨今、もっとも流行している葬儀は、密葬でその後お別れの会を行うと言うのが流行っているそうです。確かに、こういうやり方はスマートに見えますし方法としては有名人から社会的ステイタスの高い人もこの方法を使っています。

直接の火葬場への火葬式もありますし、1日葬もよく使われているようです。一場葬儀の廉価版はこのようなやり方をご希望の方にも最適です。

火葬式、1日葬、家族葬がこれからの主流になると考えられます。大きな葬儀は大きく減少しているのが現状です。

これから、標準的な価格を決定しHPに公開します。ご期待を。